剛毛と言う毛質、シリコンはAGAに影響を与えるのか

髪の毛の毛質と言うのは個人差が在り、猫毛など呼ばれているような細い毛質の人もいれば、剛毛とも言われているような針金の如く太い毛質の人もいるのが特徴です。

剛毛の場合、毛が短い場合などでは髪の毛が立ってしまい、まとまり難いと言うデメリットが在りますし、ブラシを使って髪の毛を整える時など、ブラシに引っかかってしまい、毛が切れてしまうというケースも在ります。

シャンプーを利用する時など、剛毛の人は指どおりが滑らかに仕上がるようなシリコンが入っているシャンプーを使うケースも在ります。
シリコンは、髪の毛の表面にコーティングを施す役割が在り、ドライヤーを使って髪の毛を乾かす時なども、シリコンが髪の毛を覆っているのでダメージを与えずに乾かすことが出来るとも言われています。

尚、シリコンと言うと髪の毛にあまり良くないと言ったイメージを持つ人も多いかと思われますが、AGAなどの脱毛症の症状が起きている場合、育毛効果をシリコンが妨げてしまう可能性が在ると言います。

その理由は、コーティングされた状態で育毛剤を使っても、頭皮自体も覆われてしまう事で、育毛剤が頭皮に浸透し難くなってしまい、本来の育毛効果を妨げてしまう事になるからなのです。

但し、シャンプーをした後のシャワーの仕方に応じて、シリコンが育毛剤を妨げずに効果をもたらせてくれる事にも繋がります。

シャンプーで髪の毛を洗う場合、シャンプーが残った状態になると、薄毛などの原因に繋がると言われていますが、シャンプーをしっかりと洗い流すことで頭皮環境を整える事が出来るようになりますし、シリコンについても髪の毛にはしっかりとコーティングが施され、頭皮に残っていた余分なシャンプーを綺麗に洗い流すことで頭皮環境を整える事が可能になるのです。

ページトップへ