AGAと後発医薬品とノコギリヤシについて

人間の毛髪にはヘアサイクルがあります。
正常なヘアサイクルでの抜毛は問題ないのですが、ヘアサイクルの乱れによって起こる抜け毛の症状は、脱毛症と呼ばれます。
脱毛症には様々な種類があります。
代表的な脱毛症が、AGAと呼ばれている男性型脱毛症です。
男性型脱毛症は、後頭部を中心に徐々に薄くなるタイプや前側頭部が後退していくタイプが多いです。
男性型脱毛症の直接の原因は、男性ホルモンの影響だと考えられています。
男性ホルモンの影響を受けると、毛母細胞に成長阻害因子が働いてヘアサイクルを縮めます。
男性型脱毛症の治療は、育毛剤などの外用薬を使うケースが多かったのですが、最近では内服するタイプの治療薬を使う人も多いです。
価格が安いことから、ジェネリック医薬品も人気があります。
ジェネリック医薬品とは、後発医薬品のことです。
後発医薬品は、安全性や有効性が証明されている新薬と同じ効果を認められています。
後発医薬品は、新薬に比べると、開発費などを抑えることができるため、価格が安いのです。
新薬と同様に厳しい基準をクリアしているので、安全性も高いです。
抜け毛の症状が軽い場合、市販の育毛剤を使ってヘアケアを行っている男性も多いです。
育毛剤の成分で有名なのが、ノコギリヤシです。
ノコギリヤシは、脱毛症の原因となるDHTの生成を抑える働きがあります。
DHTは、皮脂を過剰に分泌させて毛穴をふさぎ、髪を抜けやすくします。
ノコギリヤシがDHTの働きを抑制して皮脂の分泌量を抑えることで、毛穴の詰まりを防ぎます。
亜鉛も、育毛効果が期待できる栄養素です。
ノコギリヤシや亜鉛が配合された育毛サプリメントは、日本でも非常に人気があります。

ページトップへ