AGAの治療法の違いと注射器でHARGカクテル注入

AGAの専門病院での治療法は、医薬品の処方と言った事が中心に行われると同時に、現在の生活習慣に乱れが生じていないのか、食生活は栄養のある食事を心がけているのか、ストレスが過剰に加わっている事が無いのかと言ったカウンセリングを行い、必要に応じて患者さんに対してのアドバイスを行って治療を進めて行くのが特徴です。

AGAの治療薬と言うのは発毛と育毛の2つを期待する事が出来る2種類の医薬品が処方されるケースが多く、発毛を期待する事が出来るのがプロペシア、そして育毛の期待が出来るのがミノキシジルと言う2つになります。

プロペシアは服用する事で発毛を期待出来るようになり、生えて来た髪の毛を太く長く育てるためのミノキシジルと言ったそれぞれの役割が在り、ミノキシジルは薄くなってしまった部分に直接塗布する形で使用する育毛剤になります。

尚、病院の中には注射器を使って薬剤を投与すると言うHARG療法によるAGA治療を行っている病院も在ります。

HARG療法はHARGカクテルと呼ばれている薬剤を直接頭皮に注入する事で発毛および育毛の効果を期待する事が出来る方法で、プロペシアの場合はAGAの症状に対しての作用は期待出来るのですが、他の薄毛の場合には効果が無いため、治療法も変わることになります。

HARG療法に利用されるHARGカクテルには成長因子を初め、ビタミンやアミノ酸と言った細胞を活性化させることが出来て、髪の毛への栄養を与える効果を持つ成分が含まれているため、副作用などに対する不安を感じる人でも安心して治療を受ける事が出来ると言うメリットが在ります。

HARG療法とプロペシアを処方しての治療の大きな違いと言うのは、プロペシアは服用して治療を進めるものであり、HARG療法は注射器を使って直接注入すると言った違いが在ります。

ページトップへ